ヘカテ、 (ヘカテー ‘Εκ?τη)

ギリシア神話の女神。

ペルセスとアステリアの娘でティタン神族の血族に属する。呪術と子育てを司るとされる。小アジアの土着の信仰から紀元前5世紀から6世紀頃に入ってきた女神ではないかと推測される。

夜と魔術の女神としてアルテミスやセレネなどと同一視され、 また妖怪変化の女王として黒魔術の本尊ともされ、中世に至るまで密かに崇拝された。

  • wikipedia.jp In Greek mythology, Hecate (Greek Ἑκάτη Hek?t?) (Roman equivalent: Trivia "of the three ways") was the goddess of witchcraft and sorcery, as well as crossroads. She has been appropriated by Wicca and other modern magic-practising religions. She was usually portrayed as having three heads: one dog, one snake and one horse. She also had two ghostly dogs as servants by her side. Hecate haunted three-way crossroads, where each of her heads faced different directions. She appeared when the "ebony moon" (new moon) shined.

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 12 Nov 2006 01:29:42 JST (4361d)