プリニウスことガイウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus, 23年 - 79年)は、古代ローマの博物学者、政治家、軍人。養子で甥の小プリニウスと区別するために、大プリニウスと呼ばれる。ローマ帝国の海外領土総督を歴任する傍ら『博物誌』を著した。地中海艦隊の司令官として南イタリアのミセヌムにいたとき、ベスビオ火山の噴火を目撃した。プリニウスは艦隊を率いてポンペイへ向かったが、そこで死亡した。火山の観察を続けるうちに避難し遅れたのだとも言われる。-wikipedia.jp

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:28 JST (4920d)