プラトン(Platon, 紀元前427年 - 紀元前347年)は古代ギリシャの哲学者である。ソクラテスの弟子で、アリストテレスの師。アカデメイアに学校を開き、それゆえプラトン主義はアカデメイア派と呼ばれる。西洋神学の哲学的背景となる。

ソクラテスの弁明』等の著作で知られる。世界を、目に見える現実の世界「現実界」と、そのもとになる完全にして真実の世界「イデア界」に分けて、イデア論を展開した。プラトニックラブの語源を辿っていくと、プラトンにつきあたる。また、アトランティスの伝説も彼の書に由来する。晩年の著作にはピタゴラス派の影響が見られる。-wikipedia.jp

パイドンクリトン、を記した

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:28 JST (4982d)