フーキエ・タンヴィル、アントワーヌ・カンタン・フーキエ・タンヴィル、Fouquier-Tinville (Antoine Quentin Fouquier-Tinville)(1746-1795)

裕福な農家の息子でカミーユ・デムーランの親戚。検事の前歴が買われて、1793年、「共和制への反対派」の全てを裁くと言う大きな権限が与えられた「革命裁判所」が設置されると、検事の職に就いた。就任後しばらくは、あまり断頭台に送らなかったが、その後は絶大な権限と雄弁によって、呵責の無い弾圧の執行者となった。

シャルロット・コルデーマリー・アントワネット、ロラン夫人、ブリッソーらのジロンド派議員、ダントン等の死刑を判事として決定した。
ロベスピエールに忠実であったが、テルミドール反動の際は、陪審員達をかりあつめてロベスピエールの有罪を宣告していた。-http://www5a.biglobe.ne.jp/~french/bio/hu.html

His horrible career ended with the fallof Robespierre and the terrorists on the 9th Thermidor. On the 1st of August 1794 he was imprisoned by order of the Convention and brought to trial. His defence was that he had only obeyed the orders of the Committee of Public Safety; but, after a trial which lasted forty-one days, he was condemned to death, and guillotined on the 7th of May 795.-http://97.1911encyclopedia.org/F/FO/FOUQUIER_TINVILLE.htm

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:15 JST (4890d)