オーブリー・ビアズリー、Aubrey Beardsley(1872-1898)

オーブリー・ビアズリーは、オスカー・ワイルド作の戯曲『サロメ』の挿絵を手掛けたイギリスの画家。しかし、そのエロティックな画風がしばしばワイルドの反感を買い、不仲の原因にもなったともいわれている。-wikipedia.jp

イギリスのブライトン生まれ。肺病に冒されながらもウェストミンスター美術学校にて絵画を学び、20歳の時に「アーサー王の死」で挿絵画家としてデビュー。以降、「サロメ」「リューシストラテー」などの挿絵を手掛け悪魔的な美の独自スタイルを完成させるが、若くして病死。享年25歳。http://www.fantasy.fromc.com/art/art8.shtml

Aubrey Vincent Beardsley (August 21, 1872, Brighton, England - March 16, 1898, Menton, France) was an influential English artist, illustrator, and author.

Beardsley was a public character as well as a private eccentric. He said, "I have one aim--the grotesque. If I am not grotesque I am nothing." Wilde said he had "a face like a silver hatchet, and grass green hair."-wikipedia.en

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:13 JST (4920d)