ヒヨスチン (Hyoscine)。別名:スコポラミン(scopolamine)

ヒヨスから精製される物質

[作用]中枢神経系抑制作用、副交感神経刺激作用。 [吸収・排泄]粘膜と皮膚を通して、急速に吸収される。代謝不明:一部は未変化体のまま腎によって排泄される。
http://www.drugsinfo.jp/contents/data/ha/dathi4.html

:オブジェ
:自然物
:フェティッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:12 JST (4985d)