Nineveh (ruin), Iraq

現イラクの北部地方にあった、アッシリアの首都。

現在も遺跡が多数埋蔵されている。

古代都市ニネヴェ

 古代都市ニネヴェは、バグダッドの北400キロのチグリス河畔にあり、現在のモスルの対岸に位置している。ニネヴェは古代メソポタミア文明の都市国家の中で最も重要な都市の一つであり、聖書にもたびたび登場する。現在、この一帯にはいくつかの土塁(マウンド)が現存しており、その中で最も有名なのものがクユンジックの宮殿である。
 ニネヴェは紀元前7世紀前半、アッシリア王に就いたセンナケリブが、先代の王都ドゥル・シャルキンにかわる新たな宮殿を築いたことで絶頂期を迎えた。現存する考古学的遺物のほとんどがこの時代のものであり、周囲12キロの城壁の一部や、素晴らしいレリーフのついた壮大なセンナケリブ宮殿などがそうである。特にセンナケリブ王や彼の息子のアッシュールバニパル王が建てた二つの図書館にあったレリーフ、および多くの楔形文字が書かれた平板の中には、19世紀にルーブル美術館と大英博物館に収蔵されたものもある。なおニネヴェは紀元前7世紀後半、メディアと新バビロニアの連合軍の攻撃を受け破壊された。http://homepage1.nifty.com/uraisan/iraq.html

Nineveh was the capital of the Assyrian Empire, one of the great enemies of the Nation of Israel in the Bible.http://www.crystalinks.com/nineveh.html

地図

:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:03 JST (4747d)