ベタニヤのマリアラザロの家で、キリストに塗ったとされる香油。

 「ナルド」はヒマラヤ原産のオミナエシ科の植物で、インド・ヒマラヤの高原で育ちます。名前はサンスクリット語のナラダ(かぐわしい)に由来し、その根から抽出されたものが聖書に登場するナルドの香油です。
 「そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を一リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった」(ヨハネ12:3)
http://www.myrtos.co.jp/online_shop/oil.html

:フェティッシュ
:オブジェ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:01 JST (4864d)