アボット・トリテミウスドイツ地方にあるシュポンハイム修道院の院長であり、主に十五世紀に影響力のあった秘教家の一人である。アグリッパと僅かに交流があったが、互いに互いの思想体系を響かせあうほどのものではなかった。トリテミウスのデーモン論の中にあって、幾つかが現在にいたるまで残っているが、その足跡としてはセクンダデイおよび「秘密書法」参照。時代が下ってエリファス・レヴィトリテミウスに目をつけ、この不幸によってセクンダデイの体系が乱された結果、サンクトゥム・レグヌムが生まれた。

天使事典と

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 18 Mar 2008 22:48:15 JST (3840d)