Demostenes (前384〜前322)

 アテナイの最大の弁論家の一人。政治家としても活動した。
前323年,アレクサンドロスの死の報せが届くと,デモステネスは改めてマケドニア打倒
を訴えて遊説したが,ラミア戦でマケドニアが勝利を得たのち,カラウリア島のポセイド
ン神殿で服毒自殺をとげた。

http://www.tabiken.com/history/doc/M/M196R200.HTM

この時使った毒が毒ニンジンといわれている。

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:49 JST (5015d)