ツァーリズムとは、ツァーリによるロシアの絶対君主制体制のことをさす。イヴァン4世より脈々と受け継がれてきたものの、ニコライ二世のとき日露戦争の敗戦や血の日曜日事件、資本主義の浸透などによる人民からのツァーリへの失望によりロシア革命を招き、終わりを迎えた。 18世紀後半には、啓蒙主義が流入し、啓蒙専制君主も現れた。

wikipedia-j

:行為
:組織集団


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 22:54:08 JST (4625d)