ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri、1265年−1321年)は、イタリアの都市国家フィレンツェ生まれの文人、政治家。代表作は彼岸の国の旅を描いた叙事詩『神曲』。

イタリア文学最大の詩人とされ、ルネサンスの先蹤とも言われる。

教皇派として(当時、教皇はアビニョンにおり、神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世を破門するなど、イタリア支配権を巡り対立していた。イタリアの諸都市は皇帝派と教皇派に分かれて争っていた。ダンテのいたフィレンツェは教皇派)要職にあったが、教皇派内の勢力争いに敗れて、ヨハネス22世(ジャン二十二世)より破門された。

:人物
:歴史人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:44 JST (5038d)