シャーロット(Charlotte, 1744年5月19日 - 1818年11月17日)、英語名ソフィア・シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ(Sophia Charlotte of Mecklenburg-Strelitz)、ドイツ名ゾフィー・シャルロッテ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ(Sophie Charlotte von Mecklenburg-Strelitz)は、イギリス国王ジョージ三世の王妃。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カール・ルートヴィヒの末娘。兄にメクレンブルク=シュトレーリッツ公(のち大公)となったアドルフ・フリードリヒ4世、カール2世がいる。

母大后オーガスタと首相ビュート伯が王妃選びで度重なる圧力をかけてくるため、王独自で侍従武官グレアム大佐をドイツへ派遣し、王妃にふさわしい女性を見つけてくるよう命じた。グレアム大佐が推薦したのが、当時17歳の公女シャルロッテであった。

1761年9月8日に挙式、9月22日に戴冠式を行った。ジョージ3世は王妃とともに戴冠するつもりで、即位後1年あまりも戴冠式を延ばしていたという。

王との家庭生活は円満で、ジョージ4世、ヨーク公フレデリック、ウィリアム4世、ケント公エドワード(ヴィクトリア女王の父)、ハノーファー王エルンスト・アウグストら9男6女の母となり、夫の女性関係で苦労することも全くなかった。政治に口を出すことなく、宮廷行事でも出しゃばることがなかった。しかし、子供たちの不品行には夫とともに心の安まるときがなかった。たびたび精神異常を引き起こした夫を献身的に介護し、ロンドンを出て、ともにウィンザー城で暮らした。

1818年11月、死去。ウィンザー城内のセント・ジョージズ・チャペルに埋葬された。

wikipedia

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 20 Mar 2008 16:16:45 JST (3836d)