ジル・ド・レイ(Gilles de Rais, 1404年 - 1440年10月26日、ジル・ド・レとも。)は、フランスブルターニュ地方ナントの貴族。黒魔術師としても知られる。

百年戦争のオルレアンの戦いにおいてジャンヌ・ダルクに協力し、戦争の終結に貢献し「救国の英雄」とも呼ばれた。
しかしその後、錬金術に耽溺。少年少女を居城マシュクール城に拉致して、虐殺や黒魔術を行った末、捕らえられ、火刑となった。-wikipedia.jp

:人物
:歴史人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:37 JST (4865d)