ジョージ3世(George III, 1738年6月4日 - 1820年1月29日)は、イギリス・ハノーヴァー家第3代の国王(在位:1760年 - 1820年)。またハノーファー選帝侯、1814年以後はハノーファー王(ゲオルク3世 Georg III)を兼ねる。父はフレデリック・ルイス(ジョージ2世の長男)。母はザクセン=ゴータ=アルテンベルク公の娘オーガスタ。妃はメクレンブルク=シュトレリッツ公子カール・ルートヴィヒの娘シャーロット。別名「農夫王」(ファーマー・キング、Farmer King)、「農夫ジョージ」(ファーマー・ジョージ、Farmer George)。

天文学者のウィリアム・ハーシェル等を支持する。アメリカ植民地への課税がきっかけでアメリカ独立戦争を招き、北アメリカの領土を失った。自分の課した重税問題や身内のスキャンダルに苦悩し、1811年に認知症になり、以後ウィンザーで生活、長男の皇太子ジョージ(4世)が摂政として政務を執った。1820年1月29日、81歳没。在位60年はヴィクトリア女王の64年に次ぐ歴代第2位である。wikipedia

http://nekhet.ddo.jp/people/hanover.html#george3

ジョージ四世、ジョージ五世の父

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 20 Mar 2008 16:12:10 JST (3770d)