ジャン22世、ヨハネス22世、Pope John XXII

Pope John XXII, né Jacques d'Euse (1249 - December 4, 1334), was elected to the papacy in 1316 and reigned until his death in 1334.-wikipedia.en

http://nekhet.ddo.jp/ruler/romanpope.html#johannes22

1249〜1334 197代教皇(在位1316〜1334)。アヴィニョン幽囚時代の教皇の一人。前名 Jacques d’Euse。フランスのカオールに生まれパリ大学に学ぶ。1310年アヴィニョンの大司教,1312年ポルトーの司教枢機卿を経て,1316年に教皇クレメンス5世の後継者として選出される。ヨハネスは神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世(バイエルン公)のイタリアにおける至上権要求に反対し,1324年彼を異端として破門にする。また教皇の世俗権力を否定し,教会会議の優越を説いたパドヴァのマルシリウスを1327年に破門に処した。さらにフランチェスコ会の清貧論争に干渉し,使徒的清貧を主張する厳格派を非とし(1313),厳格派に加担したオッカムのウィリアムを1330年に破門。
http://www.tabiken.com/history/doc/S/S359L200.HTM

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:35 JST (4955d)