Jean Cocteau(1889〜1963)

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 - 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家活動や映画監督活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。-wikipedia.jp

amazon

戯曲作家、評論家、詩人、画家としても有名な総合芸術家。パリのリセ・コンドルセーを卒業後、プルーストらの芸術家グループと交際。1909年より芸術活動を開始、20年代より映画に興味を抱くようになる。30年の「詩人の血」で監督デビュー、以後映画の脚本家としても活躍しはじめる。45年に「美女と野獣」をルネ・クレマンと共同監督し、ルイ・デリュック賞を受賞。46年から63年に没するまでの間、カンヌ映画祭の名誉委員長を務めていた。
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=3748

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:34 JST (5037d)