ジェノヴァ共和国(ジェノヴァきょうわこく)はジェノヴァを中心にして発展した海洋都市国家。

10世紀中頃を起源としてヴェネツィア、ピサ、アマルフィなどの他の海洋都市国家と対抗しながら地中海において繁栄した。中世には、コルシカ島、カッファなどのクリミア半島南岸諸都市、コンスタンティノポリスの金角湾北部、イスラーム統治下のイベリア半島諸都市などに植民地あるいは商館を築くなど、地中海の覇権をヴェネツィアやオスマン帝国と争った。しかしこの覇権競争および国内諸問題によって国力は衰退し、大航海時代の開始と共に貿易の軸が大西洋に移ったことでその繁栄は失われていった。1797年にナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍に侵攻され、その傀儡国家であるリグリア共和国となり、1805年にはフランスに併合、ナポレオン失脚後のウィーン会議後も共和国であったため回復させてもらえず、ウィーン議定書によりサルデーニャ王国へ編入され、独立を失った。wikipedia

:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 16 Mar 2008 22:23:04 JST (3873d)