別名:トリクロルメタン
CHCl3
劇物:(クロロホルム
(性状) 無色の液体でエーテル様のにおいがある。蒸気は空気より重い。不燃性。沸点61.2℃。比重1.489。水に溶けにくい(20℃で水100mlに0.822g溶ける)。強酸と混合するとホスゲンを生じる。空気、湿気などにより、常温でも徐々に分解して塩化水素、ホスゲン等を生じる。
http://www.pref.shiga.jp/e/imuyakumu/dokugeki/ku16.html

クロロホルムはトリクロロメタンの別称で、トリハロメタンの一種。化学式はCHCl3で原子量は119.5。メタンに塩素を作用させると生成する塩化炭素の一部。有機溶媒によく溶け、極性溶媒にも若干溶ける。また、光や熱によって容易に分解する。

麻酔作用があることでよく知られているが、大量に吸入すると、血圧、呼吸や心拍の低下を引き起こし、重篤な場合は死に至る。毒劇法で医薬用外劇物に指定されている。-wikipedia.jp

社会風俗的フェティッシュとしてのクロロホルムについては、googleを参照

:オブジェ
:フェティッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 12 Nov 2006 01:39:55 JST (4241d)