クレタ島(くれたとう、Κρητηまたはkriti,kreteまたはcrete)はギリシャ共和国で最も大きく、地中海では5番目に大きい島である。

クレタ島の開闢は古く、ギリシャ神話では、赤子のゼウスクレタ島のアドラステイアとイーデーによってアイガイオン山に匿われ、また、エウロペイアが牛に変じたゼウスにさらわれ、ボスポラス海峡(牛渡りの海峡)を通ってクレタに辿り着き、その子がクレタ王となって文明が生じたとされる。古代ギリシャ人は、ギリシャから北方にかけての地を、エウロペイア(ヨーロッパ)と呼んだ。 この他にもホメロスのイリアスなど、クレタ島に関する諸説(「テセウスとミノタウロス」や「ダイダロスとイカルス」など)は多い。

クレタ島ヨーロッパにおける最初の文明のひとつであるミノア文明が栄えた。当時の社会については、伝えられるべき文字が遺されなかったため、遺構から類推するよりほかないが、平和で開放的であったと考えられている。ミノア期の遺跡には、壮麗な石の建築物や複数階の宮殿があり、排水設備や、女王のための浴場、水洗式のトイレがあった。水力を動力とする仕組みに関する技術者の知識はとても高度なものであった。エジプトなどとの交易によってもたらされた遺物から、ミノア文明は、紀元前3000年頃からクノッソスが衰退した紀元前 1400年頃ごろまで栄えたと考えられている。-wikipedia.jp

Crete, sometimes spelled Krete (Greek Κρήτη / Kriti) is the largest of the Greek islands and the fifth largest in the Mediterranean Sea. It is the Greek island closest to North Africa.-wikipedia.en

http://www.geocities.jp/timeway/kougi-8.html

地図
:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:12 JST (4746d)