クレオパトラ7世フィロパトル、Kleopatra VII(BC69-BC30)

クレオパトラは、古代エジプトプトレマイオス朝の伝統的な女性名(現在でもプトレマイオスの出身地ギリシャでは、ポピュラーな女性名である)。
いわゆるクレオパトラは、クレオパトラ7世のことである。クレオパトラ7世はプトレマイオス朝最後の王となった。

クレオパトラ7世は、当初弟であるプトレマイオス13世と共同統治を行っていたが、カエサルの後ろ盾により、単独で統治するようになった。カエサルとの間には、カエサリオンを設けている。カエサルの暗殺後には、アントニウスと結婚し、その後ろ盾を得て、エジプトを統治していた。なお、アントニウスは、クレオパトラ7世と結婚するために、オクタヴィアヌスの姉であるオクタヴィアと離婚している。その後、クレオパトラ7世とアントニウスは、オクタヴィアヌスとの戦いに敗れ、クレオパトラ7世は蛇の毒で自殺したという。これによりプトレマイオス朝は滅び、エジプトローマの属州となった。-wikipedia.jp

Cleopatra VII Philopator (December, 70 BC or January, 69 BC - August 12?, 30 BC) was pharaoh of ancient Egypt. She was the last member of the Macedonian Ptolemaic dynasty to rule Egypt. Her father was Ptolemy XII Auletes, and her mother was probably Auletes's sister, Cleopatra V Tryphaena. The name Cleopatra is Greek for "father's glory".-wikipedia.en

http://nekhet.ddo.jp/people/greek/ptolemaic.html#cleopatra7

:人物
:歴史人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:12 JST (4806d)