クラウディウス、Tiberius Claudius Nero Caesar Drusus( 紀元前10年 - 54年10月13日)

ローマ帝国の第4代皇帝である。アントニウスの孫であり、アウグストゥスの妻リウィアの孫でもある。体が弱く、歴史家であったが、カリグラの暗殺後に元老院から治世を任され皇帝に就任した。元歴史家らしく、知性と教養に富んだ政策を進め、ユダヤの統治問題などを解決するが、地味な仕事は評価されにくく市民からの人気は低かった。毒キノコの中毒によって死去するが、妻の暗殺とする説もある。-wikipedia.jp

Tiberius Claudius Nero Caesar Drusus (sometimes listed as Claudius I), originally known as Tiberius Claudius Drusus Nero Germanicus (August 1, 10 BC - October 13, 54) was Roman Emperor from 41 to his death in 54. He was grandson of Augustus's wife Livia, nephew of Tiberius, and brother to Germanicus. Born in Lugdunum in Gaul (modern-day Lyon, France), he was the first Roman Emperor to be born outside Italy.-wikipedia.en

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:10 JST (4919d)