クラーレおよびこれを含有する製剤
クラーレ(C18H19O3N)
別名:ウラリ
 南米の原住民が矢毒として用いていた猛毒性アルカロイド。ツヅラフジ科等の蔓性植物から抽出する。クラーレは、骨格筋を支配する運動神経の活動だけを麻痺させる作用を持つため、クラーレを射られた動物は、筋肉が弛緩して動けなくなり、呼吸麻痺で死んでしまう。クラーレは、消化管からはほとんど吸収されず、また分子が大きいため脳へも入れないので、射殺した動物をそのまま食べても中毒を起こすことはない。
 薬理学の実験(動物実験)に使用する。
http://www.inv.co.jp/~yoshi/doku-g/doku2.html

:オブジェ
:フェティッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:10 JST (4917d)