ガリアラテン語、Gallia、英語Gaul) とは、現在のフランスベルギー周辺を古代ローマ人が呼んだ地名。

この地はガリア人(ガロ・ローマン、ケルト人)が住む森林地帯であった。2世紀末にローマの属州となり、カエサルシーザー)の遠征(ガリア戦争、B.C.58-51)、遠征で得た実力によりポンペイウスを打破した後に開始された帝政においてガリアローマ帝国の支配下に入り、ローマ文明がヨーロッパにまで及んだ。ガリア遠征に関してはカエサルが著した『ガリア戦記』に詳しい。wikipedia-j

:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 22 May 2005 16:33:50 JST (4661d)