ジョゼフ・ビアンチム・カバントウ(1795-1877)は、フランス生まれの薬化学者で、ペルティエと共にアルカロイドを研究し、キニーネの分離に成功しました。後にパリ薬科大学教授となりました。マラリアの研究者達

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 11 May 2005 13:53:31 JST (4961d)