ボルジア家の毒薬として恐れられた。

雪のように白い、味のよい粉薬であって、多くの場合、きわめて徐々に長期間に効力を発揮する。

毒殺者は指環の石のなかに粉末をかくし、油断を見すまして、相手の飲物のなかに、ばらばらと粉末をこぼず。チェザーレにしてもルクレチアにしても、こういう技術にかけては、熟練をきわめていたいらしい。(毒薬の手帖)

検索:カンタレラ

:オブジェ
:フェティッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:59:06 JST (4807d)