緊張病症状群の昏迷症状の一つで、他者から与えられた姿勢を不自然な姿勢であっても、
長時間そのままの姿勢を続ける状態をいいます。

受動的に最初にとられた姿勢を、それがたとえ不自然な姿勢であるとしてもその姿勢を保ち続け、自分の意志で元に戻そうとしない状態。ろう屈症が同義となります。

メンタルヘルス用語集

典型的には統合失調症の緊張型で起こりますが、脳器質性疾患(*1)、症候性精神病、心因反応、ヒステリー、催眠(さいみん)でも起こりえます。

1) 脳動脈硬化症などによる精神機能に障害をいいます。

小倉台クリニック

:行為
:個人行為


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 16 Mar 2008 00:25:06 JST (3869d)