Odysseia、Odyssey
ホメロスの作品とされるギリシア最初の文学作品。「イリアス」よりより少し新しい。

トロヤ戦争が終わって帰国するイタカ王オデッセウスが、10年にわたって東地中海を漂流し、乞食に身をやつして王宮に帰り、長い間貞節を守ってきた王妃にいい寄る求婚者の群れを、血祭りにあげて王位に復する。(山川出版社世界史小事典より)

#どうでもいいけど、学習辞典の記述としてはえらく文学的な説明だ(^^;

伝説的な詩人ホメロス作とされる古代ギリシアの叙事詩である。英語名オデュッセイ(ODYSSEY)。西欧語では原義から転じてしばしば「長い航海」の意味でも使われる。

紀元前8世紀頃に成立し、ホメロス詠いと呼ばれる盲目の吟遊詩人が音楽と共に吟唱したが、紀元前6世紀頃から文字に書かれるようになった。-wikipedia.jp

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:59 JST (4865d)