エロス(エロース Έρως)はギリシャ神話に登場する恋心と性愛を司る神。

神統記等では、カオスやガイア、タルタロスと同じく、 世界の始まりから存在した原初神とされる。

のちには軍神アレスと愛の女神アプロディテの子であるとされるようになった。絵画では背中に翼のある愛らしい少年の姿で描かれることが多く、手には弓と矢を持つ。 黄金で出来た矢に射られた者は激しい愛情にとりつかれ、鉛で出来た矢に射られた者は恋を嫌悪するようになる。

ローマ神話におけるクピド(英語読みでキューピッド)に相当。-wikipedia.jp

In Greek mythology, Eros was the god responsible for lust, love, and sex; he was also worshipped as a fertility deity. His name is the root of words such as erotic. His Roman equivalent was Cupid, "desire", also known as Amor, "love". He was often associated with Aphrodite. He was, like Dionysus, sometimes referred to as Eleutherios, "the liberator".-wikipedia.en

:人物
:架空人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:57 JST (4980d)