エフェソス(Ephesos, 古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記、現在はエフェスとも呼ばれる)は現在のトルコ西部に位置する小アジアの古代の都市である。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市である。現在は遺跡が残っている。もとは港湾都市であったが、土砂の堆積により現在は海岸から離れている。-wikipedia.jp

Ephesus was one one of the great cities of the Ionian Greeks in Asia Minor, located where the Cayster river flows into the Aegean Sea. It was founded by colonists principally from Athens. It is situated in modern day Turkey.

Ephesus is mentioned in the Bible. The Epistle to Ephesians is a letter written by Paul to the Christians at Ephesus. According to one legend, the Virgin Mary settled in Ephesus after the crucifixion. A house about 7km from Selcuk, lying just outside Ephesus, is said to have been the last home of the Virgin Mary and is a place of pilgrimage; this structure dates to the 7th century and presumably is built on the site of the house where she lived.-wikipedia.en

エフェソス公会議が開かれたことでも歴史上は有名。

google

地図

:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 23:38:53 JST (3801d)