エカテリーナ二世、エカテリーナ太后、エカチェリーナ2世 Ekaterina II、
Catherine II of Russia、Catherine the Great(1729-1796)

ピョートル三世の妻であったが、クーデターに乗じてロシア帝国の王位に就く。啓蒙専制君主と呼ばれる。

積極的な外交政策を推進し、2回の露土戦争、3回のポーランド分割やラクスマンの極東派遣など通して領土を拡大し、ボリショイ劇場や離宮エルミタージュ宮殿(現在のエルミタージュ美術館)の建設にも熱心であった。-wikipedia.jp

Ekaterina (or Yekaterina) II of Russia (Екатерина II Алексеевна) (April 21, 1729 - November 6, 1796), usually known in English as Catherine the Great, reigned as empress of Russia from June 28, 1762 to her death in 1796. A cousin to Gustav III of Sweden and to Charles XIII of Sweden. Ekaterina exemplified a so-called "enlightened monarch".

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:50 JST (4859d)