イブン=スィーナー(Ibn Sīnā)、全名アブー=アリー・アル=フサイン・イブン=アブドゥッラーフ・イブン=スィーナー(Abū Alī al-Husain ibn Abdullāh ibn Sīnā、980年 - 1037年)は、ペルシアを代表する知識人で、哲学者・医者・科学者であった。ラテン名アウィケンナ、アヴィケンナ(Avicenna、英語読みのアヴィセンナも普及している)。中央アジアのブハラ出身で、イランの各地で活動した。当時の世界の大学者であると同時に、中世ヨーロッパのスコラ学に多大な影響を与えた。wikipedia

彼がまとめた「医学正典/The Canon of Medicine」は後世の医学の権威書物となった。

:人物
:歴史人物
:作家


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 18 Mar 2008 23:11:36 JST (3838d)