イブン=ルシュド(Ibn Rushd)、全名アブー=アル=ワーリド・ムハンマド・イブン=アフマド・イブン=ルシュド(Abu Al-Walid Muhammad Ibn Ahmad Ibn Rushd、ラテン名:アヴェロエス Averroes、1126年 - 1198年)

スペインコルドバ生まれの哲学者。

アラブ−イスラム世界のアリストテレスの注釈者として有名。また、医学百科事典を著した。 彼の著作は、中世ヨーロッパキリスト教のスコラ哲学者によって、ラテン語に翻訳され、ラテン・アヴェロエス派を形成した。-wikipedia.jp

:人物
:作者
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:47 JST (4806d)