アレクサンドロス大王、アレクサンドロス3世、アレキサンダー大王、アレキサンデル、Aleksandros III、Alexander the Great(紀元前356年7月?〜紀元前323年6月10日 在位前336年〜前323年)

は古代マケドニア王国のテメノス朝の国王で、後世にアレクサンドロス大王と呼ばれる。
マケドニア王フィリッポス2世とエピロテ王女オリンピアスの間に生まれ、幼年期にアリストテレスを家庭教師に迎えギリシャの基礎的な教養を身につけた。紀元前338年、アレクサンドロスは一軍の将として父に従いギリシャに出兵しカイロネイアの戦いでアテナイ・テーバイ連合軍を破った。フィリッポス2世は全ギリシアの覇権を掌握したが、ペルシャ東征を計画中、紀元前336年に暗殺され、アレクサンドロスが跡を継いだ。
紀元前334年にギリシアマケドニア連合軍を率いて東征を開始、ペルシア、フェニキアエジプトを経て、インド西方にまで至った。この移動が文化の東西交流をもたらし、後の世界に大きな足跡を残した。
紀元前323年熱病で死んだ。

:人物
:歴史人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:44 JST (4865d)