アレクサンダー・フォン・フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander, Baron Von Humboldt, 1769年9月14日 - 1859年5月6日)はドイツの博物学者兼探検家、地理学者。プロシアの首相であり言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルトの弟である。

近代地理学の金字塔、大著「コスモス」を著したことは有名。カール・リッターとともに、近代地理学の祖とされている。また、ゲーテシラーなどとも親交があったことで、知られる。

wikipedia-j

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 15:57:01 JST (4627d)