アルベルトゥス・マグヌス(Albertus Magnus)(1193年頃-1280年11月15日、ケルン

大聖アルベルトとも呼ばれる13世紀のドイツキリスト教神学者である。カトリック教会の聖人で、普遍博士(doctor universalis)と称せられる。トマス・アクィナスの師としても有名である。-wikipedia.jp

:人物
:歴史人物
:宗教家
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:43 JST (4983d)