Apollonius of Tyana
ティアナのアポロニウス
(c. 1C. A.D.)

キリストとほぼ同年代に生きたギリシャのネオ・ピタゴラス派哲学者。大魔法使いとしての評判が高い。

 小アジアのティアナに生まれ、タルサスで教育を受ける。ピタゴラス派の哲学を学び、後に各地を転々としてさらに学問を深め、また魔法を用いて数々の奇跡をなす。没年は不詳であるが、100歳前後で死去したとも、白日昇天したとも伝えられる。
ティアナのアポロニウス魔術人名録目次

Apollonius of Tyana (Greek: Ἀπολλώνιος ὁ Τυανεύς; ca. 40―ca. 120 AD[1]) was a Greek Pythagorean philosopher and teacher. He hailed from the town of Tyana in the Roman province of Cappadocia in Asia Minor. After his death his name remained famous among philosophers and occultists.wikipedia

:人物
:歴史人物
:行為者
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 23:20:32 JST (3870d)