ピエール・アベラール、アベラルドゥス、(Pierre Abelard、ラテン読み、ペトルス・アベラルドゥス、1079年 - 1142年4月21日)

中世フランスの論理学者・キリスト教神学者。

ナントに近いパレ(Pallet)生まれ。 唯名論者ロスランとリアリストのギヨームに学び、のちパリで神学と哲学の教授となる。 エロイーズとの恋のいきさつをつづった『厄災の物語』で欧州を沸かせた。 異端宣告をこうむることも1度ならず。

http://en.wikipedia.org/wiki/Pierre_Abelard

http://www.tabiken.com/history/doc/A/A160L200.HTM

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:40 JST (4859d)