406ごろ〜453 フン族の王(在位434ごろ〜453)。

441年東ローマ帝国に侵入しトラキア・マケドニアなどを攻略しコンスタンティノープルに迫り賠償金と貢納金を得た。ライン川からカスピ海に及ぶ広大な帝国を建設。451年アッティラは大軍を率いて西進を開始しライン川を渡って北部ガリアに侵入。しかしロ一マの将軍アエティウスの率いるローマ軍とブルグント族・フランク族西ゴート族などの同盟軍にカタラウヌム(現シャロン)の戦いで敗れパンノニアに敗退。452年再び西進を開始しイタリアに侵入、ローマを目ざすがローマ教皇レオ1世の説得により撤退したといわれる。453年東ローマ攻略を企図するが急死し帝国も瓦解。彼の名は『ニーベルンゲンの歌』にエッツェルの名で登場する。

http://www.tabiken.com/history/doc/A/A107R100.HTM

http://www31.ocn.ne.jp/~tactic/who4.html#anchor124248

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:39 JST (4955d)