アグリッピナという名前は母娘がおり、明示する場合は母を大アグリッピナ(Agrippina the elder、Agrippina Major)、娘を小アグリッピナ(Agrippina the younger、Agrippina Minor)と称するが、澁澤の著述で取り上げられるのは小アグリッピナなので、断りのない場合は小アグリッピナとする。

http://en.wikipedia.org/upload/2/23/Agripila.JPG

アグリッピナ小アグリッピナ(Agrippina the younger、Agrippina Minor)(16-59 AD)

ゲルマニクス大アグリッピナの娘で2代皇帝ティベリウスの義理の娘、3代皇帝のカリグラの妹。最初の結婚のときに儲けた子供が後の皇帝ネロ。再婚は、4代皇帝クラウディウス

She was sister of Caligula, sister-in-law of Tiberius, niece and wife of Claudius, and the mother of Nero. She was born at Oppidum Ubiorum on the Rhine, afterwards named in her honour Colonia Agrippinae (modern Cologne, Germany).-wikipedia.en

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 12:58:38 JST (4802d)