武則天(ぶそくてん 623年 - 705年 在位690年 - 705年)は中国武周朝の創始者。[[唐]]の高宗の皇后。姓は武。諱は照。中国史上唯一の女帝となり武周を立てた。日本では則天武后の名前で呼ばれる事が多いが、この名前は皇帝になった武則天をあくまで女性としての皇后の位置に押し込めようとしていると言う意見があり、最近の中国では武則天と呼ぶ事が多くなってきている。

[[唐]]は隋と同じく基本的に貴族政治である。隋代から科挙は行われていたが、この時期には未だ実効的な力を持っていたとは言えず、科挙に合格しても国政の深いところに関る事は難しかった。武則天はこれを嫌い、新しい人材を積極的に登用した。この時期に登用された人材としては狄仁傑、姚崇、宋欧覆匹いる。これらはみな格式の低い家の出身であり、貴族政治の下では到底出世できなかった人間であった。武則天はただ単に低い所から登用するわけではなく、忠誠と才能を見極める人物眼を持っていた。姚崇と宋欧聾紊妨悉,硫爾農治を行い、開元の治を導いた人物である。

武則天は外事にも取り組み、660年(顕慶五年)に新羅の要請に答え、百済討伐の軍を起こす。百済を滅ぼした後の日本と百済の遺臣連合軍との白村江の戦い(


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS